医師について   no comments

a1180_003074

医師は誰でもできる仕事ではない

医師と聞くと、いったいどのようなイメージを持つでしょうか。
恐らく、多くの方は診察や治療を行い、時には人の命に関わるような重大な手術などを行い、
人々の健康を支えるお医者さん、というイメージを持っていると思います。

医師というのは限られた人間のみが就くことのできる職業であり、
誰もがその職に就けるわけではありません。活動するためには、国家の定める試験を受け、
それに合格し医師資格を有する必要があるのです。

医師国家資格は誰もが取得できるようなものではなく、大学の医学部に通い、
しっかりとした医療知識や技術を身に付けた者だけが取得することができるのです。
医学部に入るということさえ困難なうえに、国家資格試験も難易度が高いとあって、
医師になるというのは最初から最後まで狭き門とも言えます。

非常に限られた一部の人間だけが就くことを許される医師という職業は
崇高で神聖なる職業でもあると認識されており、聖職と呼ばれることもあります。
聖職と聞くと、生徒に勉強を教える教師なども聖職と呼ばれることがありますが、
時に人の命を救うことも多い医師こそ聖職と呼べるのかもしれません。

医学の進歩とともに医療を極める

医学や医療技術というものは日進月歩の勢いで進歩していますから、
医師はそうした医療の進化と共に歩み続ける必要があります。

医師になったから、医者という職業に就くことができたからとそれでおしまいではないのです。
医療の進歩と共に進み、自分自身の医療スキルや知識を日々磨いていく必要があり、
生涯勉強が続く仕事であるとも言われています。

ステータスや地位、名声、収入といった側面だけに目を奪われて
この仕事に就いた人はなかなか長続きしないのかもしれません。

医師の道は険しく長く、生涯学びの道でもあります。
常に人々の健康を守りたい、医療を極めたいという崇高な精神の持ち主でないと
大成することは難しいと言えるのではないでしょうか。

中には利益や名声に走ってしまった医師もいるかもしれませんが、
多くの医師は崇高なる精神と共に歩んでいると思われます。また、そうでないと
人々から信頼される医師として活躍することもできないでしょう。

現在でも多くの方が医師として活躍するために日々努力し、医師への道を歩んでいます。
医学部に在籍し日々学習している方もいれば、これから医学部を目指すという方もいるでしょう。

その道は決して平たんなものではなく、むしろ茨の道でもあると思いますが、
そのような人々がいるからこそ医療も進歩し、我々はいつでも医療技術による
診察や治療を受けることができるのです。

医療のプロでもある医師という職業は、これから先もなくなることは
決してなく、むしろ医師を目指す人々も益々増えていくことが予想されます。

詳しく知りたい方はこちら
医師とは
様々な医師の形
医師の仕事とは?
定年について
▼働く魅力について
▼医師に必要な国家試験