勤務医に今後求められるスキル   no comments

勤務医の制度

大学を出て研修を終えると、医師としての仕事の毎日が待つことになります。
これを勤務医という呼び方をすることもあり、その一般的な呼び方の一つとしてお医者さんとか医者以外にこう呼ぶのです。
そして、勤務医として勤めることになった場合に、まず考えたいのはスキルアップでしょう。

スキルはよくその人の人生を決めることにもなりますし、それが医学的なスキルであっても変わりはありません。
スペシャリストが当たり前の医療の世界の中で、何かのスキルを磨くことが唯一医師の中で認められる方法でもありました。
そのため、仕事のためにちょっと資格をとるサラリーマンという感覚とは違って、医師そのものの実力とあわせたスキルの評価がその人には下ることになるのです。

腕だけが常勤医の評価の方法ではないのですが、医学の世界は日々進化しており、どのようなスペシャリストが注目されるかはその人のキャリアプランにも変化をもたらすことが予想されるのです。
こういった勤務医がいまや将来を見据えてスキルを求めることは衣料の変化や医師のあり方の変化に対するためには必須のものともいえるのです。
常勤で働くということはそれを患者を抱えながらやるということであり、日々研鑽を重ねてこそのスキルともなりえます。

勤務医のおかれた環境

勤務医は現在、さまざまな病院に所属していて、自分が専門とする診療科を前提として治療を行っています。
制度的な補助を受けるなどして給与や休みを増やすことが今は求められています。
スキルアップはその中でも最優先事項であり、勤務医に求められていることの一つとなっています。

これは勤務医こそが現在の医療を支えている原点でもあるからです。
研修制度などを利用して、こうした中からスキルアップを日々していくわけです。

近年の治療法の変化にも対応しなければならないことはよく知られています。
しかし、過去の治療方法をとる医師も少なくないということも挙げられます。
そのため、医師国家試験の難易度の上昇や研修の頻度増加などもその一員となります。

勤務医にこれから求められるスキル

勤務医にこれから必要になるのは、医療の進化や方法に対して柔軟に対応できることに他なりません。
どうしてかといえば、勤務医はその研修や実力をつけた時点での方法を持って器具や医療道具をそろえます。

腕にあわせたというよりもそのときベストとされていた治療法が使われるのでアル意味当然のことでもあります。
しかしながら、勤務医のとくに開業医などになると、ここからあ過去の治療法やすでに間違っている医学界で否定された方法をとるという間違いを犯していることもあるのです。スキルはこうした医師のためというよりも医師と患者のためにも必要です。