医師のキャリアプランについて   no comments

プランの立て方で人生が変わる

医師にはその人の将来や一生涯の人生を決めるだけのキャリアプランというものがあります。
これは他の職業でもよく上がる話題の一つであり、これが上手くできているかどうかでその仕事の行きつく先も大きく変わるといわれています。
特に将来の見通しがたちにくい現在の日本の労働環境の中では、具体的にどのようなプランでキャリアを積み上げていくかは大事なことの一つにもなっています。
また、プランを立てておくことで今やるべきことがおのずとわかってくるといったこともあります。

しかし、仕事一般のサラリーマンで言われるようなプランと医師では大きく違う部分があります。
それは医療に携わる人の境遇がさまざまで、その中でも大学医局に勤めている場合には、実力や想定された未来がなかなか訪れないというところです。
これを生じさせているのは、大学病院などにおける組織体系としての医局などが支配的な体制をとっていることが大きな要因となっていることにあります。

診療科の選択

そして何よりキャリアに悩む医師の増加が顕著であることも忘れてはなりません。
最近ではよく医師不足といわれていますが、それは全体的な話であって相対的な医師のキャリアの問題はいまだに解決されていません。
そのため、キャリアプランとして医局に勤めなくても独自に判断できることのほうが需要があるなど、医師の働き方も多様化しているのが現状です。

医師のキャリアプランは、年齢によって大きな影響を受ける場合が多々あります。
特に外科医などにそれが顕著に見られ、年齢とともに経験やオペ実績、論文実績などを積み上げることができなければ医局などでは医師としての実績や信頼度を向上させることができないからです。
特に大きな病院を将来的に持ちたいとか役職に尽きたいと考えている場合には年齢がキャリアプラント直結することも少なくないのです。

診療科の選択

医療の現場胃において、診療科の選択というのは早期の段階から起こるものといわれています。
これは研修医時代の所属先が最終的な就職先になったりすることもあるほどなのです。
そのためにも医師のキャリアプランというものを考える上でどの診療科を目指すのか、もしくは誰の元で医学を学ぶのかというのが最終的なキャリアの向かう場所にもなるのです。

これは同時に医師が途中での舵取りをかえて、方向転換をはかることが難しいことにもつながっています。
医師はもともとすべての病気や診療をできる総合的な国家資格であるため、さまざまな治療を扱うことができるのですが、それを専門的に学んでいなければ正確な診断や治療を行うことは難しいのです。
一般的に、内科医が外科医を兼任して簡単な怪我や外傷を扱う場合もありますが、それは専門的な疾患を含んではいないのです。