女性医師のキャリアと働き方について   no comments

女性の医師が増加

医師は昔のイメージで行くと男性しかいないということがいまだにいわれているのですが、現在では女性の医師も多く見られるようになって来ました。
これはヨーロッパやアメリカなどでもある一定胃の割合で女性が医師になるということもあるなど、日本の従来の医師への関心の低さが解消されて、医師になりたいという女性が増えてきたことにあります。

メディアに女性の石が露出したり、権威ある人が助成で地位に就いたりといったこと、また女性に対する差別の撤廃や労働条件の改善も助成が医師になりやすくなった要因の一つなのです。
いま女性が医師になる医学部への入学や研修になり医師となるのは全体の二割ほど問い割れています。
これは今までの医師の体制から比べても明らかに上昇していることがわかるのです。

もちろん、女性が医師として働くためにはさまざまな問題を解決しなくてはならないこともいわれています。
他の職種でも同じですが、子育てや雇用条件などが女性にとってのマイナスとなりえることが知られているからです。
特に雇用形態において非常勤と常勤のどちらで働くかは、そのまま収入や生活スタイルにも直結します。

子育てや家事の両立

女性の意思にとって子育ての問題というのは非常に大きなものがあります。
もともと子供を育てるのは女性という考えが古いということから新しく夫も子育てに参加するようにはなりましたが、まだまだその女性自身の都合や家庭・夫の意向などから家事を優先して仕事をしない人も多いものです。
特に子育ては片手までできることではないため、両働きの家庭では子育て上の問題が噴出することが少なくありません。

子育ての場合、当直などをなしにしてもらうなどが挙げられます。
体力的な問題もそうですが、そういった女性医師に対して受け入れ態勢を しっかりした施設に入ることも大事なファクターとなります。
家事の両立など女性に必要性が高くなってくるものに対しての準備ができている病院が求められているのです。

病院とキャリア

女性が病院を選ぶ際にはその選択肢をど仔にするのかで、将来が大きく変わることがあります。
研究や臨床が十分に必要な分野の第一人者になる場合もあれば非常勤として勤めたり常勤になったったりを繰り返して一生を終えることもあるからです。
特に女性が医師となった場合煮その多忙な中でいろいろなものを犠牲にしなくてはならないことも出てくるため、キャリアプランと女性自身の幸せとの綱引きになることがよくあるのです。

しかし、キャリアの見通しが立たないことも女性の医師には少なくありません。
病院側の理解があまりなかったり男性至上主義の男性もいまだにいるのです。
女性医師にとっては研究者支援センターの設立による支援もよいでしょう。