医師に必要な国家試験   no comments

■国家試験制度
医師というのは希望する全ての方が就ける仕事ではありません。
患者の容体によって適切な判断をくだし、時には体に刃物を入れて手術を行う医師という仕事は、正に人の命を預かる仕事であり、誰もが簡単に就くことのできる仕事ではないのです。

この仕事に就くために絶対的に必要となるのが医師国家資格です。
医師国家資格試験に合格することで、念願の医師免許を手に入れることができ、医師として活動できるようになるのです。

■合格率は驚異の90%
難易度ですが、実は試験を受けた9割近い方が合格すると言われています。
これには多くの方が驚きを隠せないかもしれませんが、事実平成25年の国家試験では90.6%という合格率となっており、その合格率の高さが伺えます。

合格率がここまで高いと、「医師免許って取得するの簡単なのでは」と考えてしまう方もいそうですが、決してそんなことはありません。

何故このような高い合格率になるのかということですが、基本的に大学の医学部に入る時点で相当難易度が高く、それをクリアしてきたうえに様々な学問を経てきたのちに受けることができる試験なので、必然的に合格率は高くなるのです。

つまり、もともとしっかりとした実力を身に付けた医師の卵だけが受けることのできる試験なので、合格率が高いと言えるのです。
なお、医師国家試験は三日間にもおよび、医学に関する様々な知識を試されますから、相当量な学習を行う必要があるのです。

医師国家資格試験というのはこれまで数多の難関を潜り抜けてきた、選ばれし者だけが受けることのできる試験と言えます。
そもそも、大学の医学部に入るということだけでも相当量の勉強が求められているのです。

医師国家資格の試験に合格するには、日頃の学習はもちろんのこと、試験対策もしっかりしなくてはなりません。
大学の医学部でも実施してくれるとは思いますが、それだけではなく自分をいかに追い込むことができるか、ということが合否の分かれ目かもしれません。

■誰でもなれないから価値がある
医師という仕事に就くために必須となる医師国家資格は、誰もが取得することができないため価値があるのです。
ごくわずかな選ばれし人間のみが取得することを許された資格ゆえに意味があると言えます。

一度免許さえとってしまえばこれから就職先に困るということは考えにくいですし、ただ免許を持っているというだけでも大きなステータスとなるでしょう。
免許を取ることで様々なライフスタイルを築くことが可能となりますし、多大な魅力がありますから、現在でも多くの方が必至に勉強しているのです。

これから医師になりたいという方は、常に医療に関する情報にアンテナを伸ばし、貪欲に知識を吸収しながら、学習にも活かすようにすると良いでしょう。