医師の仕事とは?   no comments

a1180_007518

医師の仕事は2つに分かれる

医師の仕事、と聞いてまず思い浮かぶのは、患者への診察や手術ではないでしょうか。
患者の胸に聴診器をあてている姿や、オペ室で手術衣を身に付けている姿は
容易に想像できますよね。

医師の仕事は大きく分けて、臨床医と研究委があります。
臨床医というのはさきほど説明したような、病院やクリニックといった医療施設で
患者の診察、治療に携わる医師のことを指します。

臨床医の仕事

医師と言えば臨床医というほど、多くの医師が臨床医として働いています。
医師は医療現場においてリーダー的存在ですから、一つ一つの判断には大きな責任も伴います。
そのため、医療に関する正しい知識や技術はもちろんのこと、患者と正確にコミュニケーションを
とることのできる能力も必要とされ、また判断力、指導力、分析力なども必要となります。

看護師や他のスタッフに的確な指示を出すのも医師の役割です。
一般的に看護師は医師のサポート役であるイメージが強いですが、
実際には医師と看護師というのは明確に業務が分かれています。

しかし、医師のサポートをするのも当然看護師の仕事であり、
医師の指示によって看護師は動きます。医師は看護師という仕事についても
知識が必要となりますし、的確な指示を出すことのできる力も求められます。

臨床医の判断一つで患者が危険な状態に陥ったりすることもあるため、
非常に責任ある立場にあります。この世で唯一人間の体に刃物を入れることを
許可されている職業ですから、その職務には常に大きな責任がついてまわるのです。

患者の体を守ることもできれば壊すこともできる医師なので、
医療現場では適切で正確な指示が求められます。
統率力や強い責任感が伴う仕事であることは言うまでもありません。

研究医の仕事

一方の研究医ですが、こちらは大学や研究施設において医療の研究を行います。
病気の原因や基礎医学の研究を行い、新たな医学の可能性を常に追い求めているのです。
臨床医と研究医の大きな違いは、実際に患者の相手をするかしないかということです。

どちらが上でどちらが下ということはなく、どちらも医療に携わっていることには間違いありません。
研究に携わる医師はこれからの医療の発展において欠かせない存在ですし、
臨床医は患者の健康を守るために絶対的に必要な存在です。

また、医師の仕事には病気予防に対する知識を広めるといったことも挙げられます。
医師の中には要請によって講演などを行っている方もおり、病気への予防策や、
健康促進のための講話を行っていることもあります。

一般の方が知りえることのないような医療に関する知識や、
様々な話をして、健康維持、促進の手助けをしてあげるのも医師としての仕事なのです。
このように、一口に医師といっても様々な仕事があるのです。