行政保健師とは   no comments

a1180_001378

アドバイザー的な存在

行政保健師という職種を耳にしたことがある方は少ないかもしれません。
仕事として携わる方は、実際には我々の周りに数多く存在するのですが、
医師ほど目立った活動をしていないため多くの方はそれが行政保健師だと
いうことにすら気づいていないことが多々あります。

都道府県や市町村といった自治体によって設置された保険所や
保険センターで業務に携わる保健師のことを、行政保健師と呼びます。
実は、この行政保健師は企業や病院といったところで業務に携わっている
保健師よりも圧倒的に数が多いと言われています。

保健師の仕事についてですが、基本的にはその自治体において
健康促進のアドバイスを行ったり、サポートを行ったりといったことをします。
安全で健やかな暮らしを住民の方が送れるよう、あらゆる相談に乗ったり、
提案をするのも保健師の仕事となります。

また、市町村で働いている行政保健師の場合、更に地域住民に寄り添った活動を行います。
高齢者の自宅訪問、健康相談会の開催なども行っています。その地域に求められているサービスや
対策を行っていき、健康に関する意識を高めたり、具体的な提案を行うのも行政保健師としての
役割です。

2つの国家資格試験をクリアする

行政保健師として活躍するには、保健師の国家資格試験に合格する必要があります。
資格取得の特徴として、まず看護師の国家資格が必要となることが挙げられます。
すなわち、まずは看護師の国家試験を受けて合格し、それから保健師の試験に臨むことに
なります。

行政保健師だけでなく、学校保健師などでも同じです。
また、地域の保健師として活躍するのなら公務員の資格も取得する必要があります。

必要なスキル

行政保健師として活躍するために必要となるスキルですが、
医療や看護に関する高度な知識は絶対的に必要となります。
地域に見合った健康に関する対策などをする提案、企画力も必要となるでしょう。

高齢者の自宅を訪問したり、不特定多数の方から健康に関する相談を受けることも
多々ありますから、それに対し的確な答えを返すことができるようにしなくてはなりません。
つまり、高いコミュニケーション能力も必要ということです。

コミュニケーションをとることができなければ相手が何を求めているかも
分かりませんし、意志の疎通を図ることもできないでしょう。

健康に対してどのような不安を抱いているかということを
正確に読み取ってあげるのも行政保健師の役割ですから、
ただ医療の知識があるというだけではこの仕事に携わることはできないでしょう。

行政保健師は地域の住民から信頼される仕事ですから、
やりがいという面では非常に大きいと言えるのではないでしょうか。
気になった方は行政保健師についてもっと調べてみましょう。