産業保健師とは   no comments

■人気の高い産業保健師
保健師にもいくつかの種類がありますが、その中で最も人気が高いと言われているのが産業保健師です。
産業保健師とは、自治体の施設で働く行政保健師とは違い、民間の企業などで業務に携わる保健師のことを指します。

健康保険組合を有している大きな企業などには必ずといってよいほど産業保健師がいますし、保健センターや医務室といった部署にも保健師は必要となります。
医務室における保健師の役割は多くの方が理解できると思いますが、体調不良などを訴えてきた人に対し適切なアドバイスをしたり、具体的な解決策を施すのが仕事となります。

産業保健師は、その企業で業務に従事する社員の健康管理も任されていますから、その責任は大きいと言えます。
大変な仕事には違いありませんが、その分やりがいも大きな仕事と言えるのではないでしょうか。

■プライベートが充実する勤務形態
冒頭で、産業保健師が最も人気があると説明しましたが、その理由は勤務形態にあります。
病院のような施設で働く保健師とは違い、一般企業で働くことの多い産業保健師は基本的に土日休みということが多いため、仕事もプライベートも充実させることができます。

病院などで働く保健師の場合、勤務時間が不規則になったり、時に残業時間が長くなったりして長時間拘束されることもあります。
しかし、産業保健師は夜勤もありませんし、残業も殆どありません。

日勤のみで働くことができ、休日も安定しているとあり多大な人気を誇っているのです。
また、福利厚生などの各種手当が充実していることも多く、それも人気を後押ししています。
企業によっては高収入を期待できる職場もありますから、様々な面で恩恵を受けることができ、人気となっているのです。

■求人を探しにくい職業
恐らく、ここまで読み進めてきた方の中には、産業保健師として働きたい、という気持ちが芽生えてきた方もいると思いますが、一つ問題もあります。
こうした産業保健師の求人というのは非常に少なく、ハローワークでの募集はもちろん、インターネット上の求人サイトでも殆ど募集案件を見かけることがありません。

直接企業の公式ウェブサイトや、医療系専門の転職サイトなどを利用するという方法が最も現実的です。
医療系の転職サイトの中には、優秀なコンサルタントやコーディネーターが手厚いサービスを行ってくれることもありますから、より仕事も探しやすいのではないでしょうか。

産業保健師は、その企業で働く全従業員の健康に責任を持たなくてはなりませんし、非常に責任感のある仕事ですが、それに負けないくらいの大きな魅力もあります。
これから保健師を目指すという方や、既に保健師の資格を持っているという方は、一度検討してみるのも良いのではないでしょうか。