医療事務   no comments

Posted at 8:57 pm in 職業別・医療事務編

女性に人気のある仕事

女性に人気の高い資格にはいくつかありますが、その中でも特に人気の資格となっているのが医療事務と呼ばれる資格です。
この医療事務という仕事の特徴は、医療をする医師や看護師の傍らで受付窓口の業務を行うことにあります。

医療費は治療を受けた後に患者さんが受付で支払うことになるのですが、これを担当しているのは主にどの病院でも医療事務や間lれに看護師だったりするのです。
大きな病院ほどそういったすみわけがなされていて医療事務であることが多くなります。
必ず受付というのが病院にはありますし、その診療の費用を支払う際にもそこでの支払いや手続きが必須となります。
そこで活躍するのが医療事務であり、女性の花形の資格となっているというう分けなのです。

一見簡単そうに見える受付ですが医療事務の仕事を必要とする場合には、「レセプト」といわれてる診療報酬明細書を作成しなければなりません。
これは点数計算の正誤はもちろんのこと、その意味を理解している必要があるため、資格にはそれをはかるための試験がかされます。

医療事務の利点

医療事務にはこの資格にしかない特徴があって、そこにはメリットやデメリットといった部分が存在しています。
中でも利点として大きいのが取得に特別な医療系の資格が要らないということです。
専門の学校などに行かずとも資格試験に通過して実勤務を経れば就職先を確保できるなど、女性にとっての仕事に就く関門が少ないわけです。

特に結婚・妊娠・出産と職業にも大きく影響してくるのが女性であり、そのときにどれだけ現場で使えるスキルや復帰のしやすいスキルを持っているかでも社会復帰がぜんぜん違う条件からのスタートとなります。
もちろん資格さえあれば大丈夫というわけではありませんが、。すくニアから図資格を持っていない人と比べるとその優位は格段に違うものとなります。

資格に年齢の制限はありませんが、なるべく若い段階で職務を経ているかどうかで違います。
その後の食へのつきやすさも換わるなど将来的な人生設計にも影響します。

職場はどこか

医療事務の職場としては病院や介護関連施設が主となります。
特に病院の中でも総合病院はもちろんのこと歯科医院や各種専門の病院などでも医療事務が必要とされています。

職場として介護施設が上げられるのは、医療も介護には深く関係していて、その中での医療行為など診療点数などが計算されることになるからです。
病院への勤務が基本となりますが、それがすべてではなく上に上げたように介護の現場や訪問介護、福祉施設関連の医療が必要となる場所ではその必要性が高まっているといえます。
それから医療の提供を行う場所では受付としての役目も務めることになりますから点数計算以外の業務もこなす必要があることはあらかじめ知っておきましょう。

Written by GRdoc7uK on 4月 27th, 2017