管理栄養士   no comments

Posted at 8:57 pm in 職業別・リハビリ編

管理栄養士の役目

毎日の献立や学校の給食、お弁当のレシピなど管理栄養士が活躍している場はさまざまあります。
調理師や衛生士のように食品にかかわる職場の多くでは必須の職業となっており、その役目は重要なものとなっています。
健康を志す人が多くなって、健康体を維持する基本となる食事を求めることも栄養士の必要性を高めている理由の一つです。

管理栄養士には食事の献立を栄養管理を行うために作ることがまず必要になります。
これは健康を作っているのが食事であり、必ず人が必要とするものだからでもあります。
一見すると医師などのほうが重要視されるのですが、栄養士いなければできないこともたくさんあるのです。

栄養管理の重要性

現在の病院で栄養の管理を行うのは管理栄養士のもう一つの役割となっています。
食事をコントロールする必要がある患者さんが大勢いる病院ではそういった特別なメニューを時間が得るのはもちろんのこと、普段の献立も病院にあわせて作らなくてはなりません。
特にとってはいけない食事がある場合には栄養のバランスを崩さないようにして、なおかつ摂らないようにする食品を除いたものを作らねばなりません。

これは食品の栄養素を把握していることはもちろんのこと、全体のバランスを組み立てて作ることが必要になるものです。
また、病院食と学校の休職では異なるポイントに重点が置かれているため、その味付けやバランスそのものへの考え方も変わります。

医療現場では調味料がだめな場合も多く、味を優先させない食事がほとんどとなっています。
塩分制限や糖分制限、水分量の制限がある患者さんもいます。
医師の指示の元に献立を考えるということもあるほどです。
特に退院する際に何らかの理由で献立指導を栄養士から受けるといったこともよくあります。

料理の献立

料理で大事なのは献立ですが、それをどう栄養バランスを保つのかは一つのテーマとなります。
確かに既存のメニューを使えば決まった栄養を摂ることができますが、同じ人間でもその人の体格や体調によって必要な栄養素の量は変わります。
特に体型は摂取カロリーの問題にも直結するため、ダイエットなどをしている場合にも管理栄養が強いるかどうかで違いが出ます。

ダイエットの場合極端に栄養が崩れやすいことを踏まえたものを用意します。
野菜をたくさん取るのはいいけど炭水化物やたんぱく質の割合をどうするの科なども考えねばなりません。

素人の考えでは十分な献立はたてることができないため、管理栄養士の指導が必須となります。
水分の取りすぎによる低ナトリウム血漿などは栄養士でも考慮し忘れるケースがあるなど、求められる幅が広がっているのは明らかでしょう。

Written by GRdoc7uK on 12月 26th, 2016