理学療法士   no comments

Posted at 7:25 pm in 職業別・リハビリ編

基本的動作能力の回復

病気や怪我などによって身体に障害が残ってしまう方がいます。
そのような状態を放置しておくと、日常生活を送る上で困難な状況に陥ってしまうでしょう。
その時に、基本的動作能力を回復させたり、維持させるために働くのが理学療法士です。

障害が軽い段階であったとしても、障害がそれ以上悪化しないように予防をすることも理学療法士の役割となっています。
具体的には運動療法や物理療法を用いて、患者が自立した生活を送れるように手助けします。
リハビリテーションの専門家としてさまざまな場所で活躍しています。

動作に関する専門家であり、歩いたり、立ち上がったり、起き上がるといった基本的な動作の改善を目指して仕事をします。
運動療法として手技や器具を用いて患者の体を動かして治療をする方法があります。
熱や電気といった物理的なエネルギーを加えて治療を施す物理療法も用います。

さらには実際に動作をしてみる動作訓練による治療も行います。
医師や看護師などと協力しながら患者が自分の体を動かせるようになるためのさまざまな治療をするのです。
治療の対象として子供からお年寄りまで幅広い年齢の方を相手にしています。

生まれつき障害を持っている子供から、病気にかかっていなくても体の衰えによって手足を動かすことが困難なお年寄りまでを対象として、治療を行います。
養成課程を修了して国家試験に合格しなければ理学療法士にはなれません。
理学療法士となった後も常に色々な知識を学び、自分のスキルを高めていくことが求められます。

理学療法士の仕事やプライベート

理学療法士の主な就職先としては一般病院や大学病院、老人病院といった医療施設が多いです。
他にも老人保健施設や身体障害者福祉センターといった施設で働いている方もいます。
また、教育機関や研究機関、一般企業で仕事をしている方もいるため、職域は広いです。

スポーツ選手のトレーナーとして仕事をしている方や、学校の教員として働いている方もいます。
職場ごとに仕事の内容や役割は大きく異なっているのですが、理学療法士としての知識や経験を活かしている点は共通しています。
多様なフィールドの中で活躍している理学療法士ですが、特に求められているのは高齢者への治療です。

これから日本は深刻な高齢化が進展していくことが確実となっているため、それに対処するために理学療法士は必要不可欠となります。
理学療法士の中には常勤で働いている方だけではなくパートとして仕事をしている方もいます。
上手く家庭と仕事を両立させて、プライベートな時間を充実させている方もいます。

職場ごとに労働条件や働き方は異なっているため、自分の望む仕事の仕方を実現できるでしょう。
理学療法士によって多くの方が当たり前の生活に戻ることができています。

Written by GRdoc7uK on 4月 22nd, 2016