歯科医師   no comments

Posted at 7:23 pm in 職業別・歯科医編

口の中全体を対象とした治療

歯科医師とは歯のスペシャリストとしてさまざまな治療を行います。
これは歯に限定されるのではなくて、口の中全体を対象として治療をするのが歯科医師の役割です。
たとえば、口の中の病気や口の周りの病気、その他にも顎や顔、首などを診断するケースもあります。

口腔領域全体をカバーするのが歯科医師の仕事であり、そのため扱う対象は幅広いです。
たとえば、顎関節症という病気がありますがこれの治療も歯科医師が担当しています。
また、病気の治療だけではなくて予防やケアも重視しています。

特に日本では高齢化が進んでいるため、一生涯ずっと健康的な歯を維持するためにも予防歯科はとても重要です。
若い頃から定期的に歯のケアを受けることによって、たとえお年寄りになっても自分の歯を維持することができます。
具体的な歯磨きの仕方を指導したり、普段の食生活についてのアドバイスをすることもあります。

最近は歯を美しくするためのサービスが人気を集めています。
特に若い女性の場合は美しい白い歯を手に入れたいと考えていることが多いため、それを実現させるための審美歯科は注目されています。
歯科医院は日本中にたくさん存在しており、どこの地域に住んでいる方でも利用することができます。

人間にとって歯は最も重要なものであり、これがないと食事が困難になるだけではなく、会話や普段の運動などにも影響を与えてしまうでしょう。
そのため、歯の健康を守る仕事をする歯科医師の役割は大きいのです。

歯科医師の活躍の場や働き方

大部分の歯科医師は歯科診療所において仕事をしています。
病院で働いている歯科医師もたくさんいます。
それだけではなくて、最近は企業や学校などで働いている歯科医師も増えています。

このように歯科医師の活躍の場はとても幅広いのです。
メーカーに勤めている歯科医師もいます。
また、研究者として大学にいたり、あるいは指導者として講師をしているケースもあります。

歯科医師の数は年々増加しているため、特に都心部においては歯科医師が余剰となっている点が指摘されています。
ただし、地方においては歯科医師が不足している地域もたくさんあるため、都会にこだわらず色々な仕事の場を求めるべきでしょう。
歯科医師の勤務時間は8時間程度となっています。

基本的に夜間には仕事をしていないケースが多く、休日もあります。
それぞれの医療機関によって休日や夜間の勤務に関して対応が異なっています。
治療内容によってはかなり長期間の手術をするケースもあるため、体力と精神力が要求される仕事です。

これからはより専門に特化して歯科医師として高度な医療を提供できることが求められるでしょう。
歯科医師の世界はとても幅が広く、さまざまな可能性があるのです。
新たな治療法や技術がどんどん生まれているため、それらに対応することが歯科医師には期待されています。

Written by GRdoc7uK on 8月 27th, 2015