歯科助手   no comments

Posted at 7:25 pm in 職業別・歯科医編

覚えることがたくさん

歯科助手とは歯科医師をサポートする存在であり、さまざまな仕事を担当します。
受付をしたり、会計をしたり、診療のサポートを行います。
歯科医師や歯科衛生士と協力をしながら仕事を進めていきます。

治療で使った器具の洗浄や滅菌をするのは歯科助手の仕事となります。
これは地味な仕事なのですがとても重要です。
きちんと滅菌しておかないと、患者に重大な被害が生じる可能性があるからです。

治療の準備を進めるのも歯科助手の大切な役割となっています。
必要な器具を揃えておくことによって、歯科医師がスムーズに治療を開始できるようにします。
治療内容によって必要な器具の種類が異なっているため、覚えるべきことはたくさんあります。

歯科は基本的に予約制となっているため、事前にどのような患者が来て、どんな治療を受けるのかは分かっています。
そのため、次に来院される患者のために必要な器具をあらかじめ用意しておかなければいけません。
てきぱきと仕事をこなすことが求められます。

患者がやって来たら、案内をするのも仕事のうちです。
丁寧な対応をしないとその歯科医院の評判を落としてしまうことになります。
歯科助手が歯科医院の顔として頑張らなければいけません。

歯科の治療中には口の中に唾液がたまってしまうことがあります。
それをバキュームを使って吸い出したり、次に使う器具を歯科医に渡す仕事をするのは歯科助手です。
歯科助手が実際に治療行為をすることはできないのですが、治療に関わらないことであれば何でも担当します。

歯科助手がいるおかげで歯科医院は成り立っているといえるでしょう。
これは歯科医院の中でも特に目立つ存在として、さまざまな仕事を担当します。
責任を持って仕事に取り組むことが求められます。

歯科助手のプライベート

歯科助手の仕事は結婚をしている女性でも問題なくできるものとなっています。
残業はほとんどないため、毎日定時に帰ることができて、上手く家事と両立させやすいです。
自宅の近くにある職場で仕事をするならば、通勤時間が短いため、すぐに帰って家事ができるでしょう。

プライベートの時間をきちんと確保しながら働くことができる点が魅力となっています。
ただし、職場によっては拘束時間が長くなることがあります。
常に自分のスキルや知識を高めることが要求されるため、プライベートな時間に勉強をすることもあります。

患者の健康に関わる大きな仕事のため、心身の負担は軽いものではありません。
そのため、仕事が終わった後には疲れてしまう方も多いです。
最初のうちは歯科助手の仕事に慣れることができなくて苦労する方はたくさんいます。
仕事に慣れるようになれば、大変な歯科助手の仕事とプライベートを両立できている人は大勢います。

Written by GRdoc7uK on 9月 26th, 2015