救急科専門医   no comments

指導的な立場での能力発揮

救急科専門医とは救急医療や災害医療を行う医師のことです。
他にも、ER型救急や専門的集中治療などにも対応します。
急病の方に対して診療科に関係なく適切な診療を施して、重症の患者に対しては救命救急処置や集中治療を行います。

また、救急科専門医としての知識と技能を活かして、さまざまな制度や体制に対して指導的な立場で能力を発揮することが求められています。
救急というのは何らかの専門があるわけではないのです。
どのような救急患者に対しても適切な対処を取ることが必要となります。

もちろん、救急科専門医だけで仕事をするのではなく、救急隊員や各専門診療科の医師の力を借りて、治療を完遂させます。
救急科専門医というのは救急医療において中心的な役割を果たして、現場を指揮していく存在なのです。
何時の時代においても救急医療は必要とされる存在であり、不要になることはありません。

そのため、これからもずっと救急科専門医は必要な存在としてその能力を発揮していくでしょう。
普通の医師はスペシャリストとして特定の診療科の治療のみを行いますが、救急科専門医はジェネラリストとしてさまざまな場面で活躍できる能力を持った医師です。
さまざまな働き方があり、たとえ現場にいなかったとしても、後進の育成に携わったり、地域医療に貢献している方がいます。

救急科専門医の仕事

救急科専門医の大きな仕事は、直接現場で医療行為を行うことです。
ドクターヘリやドクターカーなどを用いてすぐに現場へ向かい、迅速に治療をスタートさせます。
外傷から判断して的確な治療を施さなければいけないため、その責任は大きいです。

とても難しい仕事が要求されるのですが、それを可能とするためにあらゆる分野の専門的な知識と技能を習得しています。
救急科専門医の認定を受けている医師は、どんなに困難な状況でも適切な対処ができる医師であると認められているのです。
多くの場合、救急隊員によって傷病者は病院へ搬送されるのですが、その時にも救急科専門医は中心的な立場から仕事を進めます。

集団災害の際には、一人でも多くの人達を救命するために臨機応変な対応が求められます。
一人に対して手厚い治療を施すのではなく、必要最小限の治療をそこにいるすべての人達に行う必要があるのです。
その判断をするのも救急科専門医の役割です。

ER型救急においては軽症から重症の患者までを相手にするのですが、あらゆる診療科に関する初期診療を行います。
緊急度の正確な判断が求められるため、責任は大きいです。
初期には病状がはっきりしない患者が大きいため、適切な対処を取れずに後で責められるようなこともあります。

このように救急科専門医はとても大きな重圧の中で重要な仕事をこなしています。
万が一の際にはお世話になる医師です。