眼科専門医   no comments

日本眼科学会の認定する目の専門家

「眼科専門医」は、公益財団法人日本眼科学会が認定する専門医です。
認定を受けるためには、医師免許を取得したあと学会の指定する研修施設で5年以上の診察や検査、治療などを行っていきます。

研修期間中には手術を100例以上経験するなど細かく内容が定められており、必要な条件を満たしたのちに年一回開催されている認定試験を受験します。

試験では筆記試験だけでなく実技試験もあるため、手術や治療の技能を実際に審査員の前で披露することになります。

医師資格の認定制度は数多くの学会・協会で主催されていますが、試験において実技を盛り込んでいるところは眼科のみとなっており、そういった意味で非常に特殊な運営をしている学会であると言えます。

ちなみに認定試験における合格率は他の認定医制度においてはだいたい95%程度であるのに対し、眼科専門医においては約70%とかなり低めです。

そのあたりも当日試験に重きをおいて難易度を高くしているということが理由なのでしょう。
認定は5年ごとの更新となっているので、もし試験に受かってもそこがゴールというわけではなく引き続き数多くの症例をこなし研究などを発表していかないといけません。

現代の眼科としての専門的な職務

人の目(眼球)は体の器官の中でも非常に複雑な構造をしており、それだけに眼科医は高い専門性が求められます。
これは人という動物が外界からの情報の90%以上を視界から得ているということが関係しており、病気や怪我によって視力を損なうと一気に社会生活において苦労を感じる場面が増えます。

そのため現代医療における眼科分野では、他の医師では対応できないような高度な専門的治療をしていくことになります。

現代の眼科において最重要と言えるのが「マイクロサージャリー」です。
マイクロサージャリーとは直訳すると「微小な外科」となることからもわかるように、スコープなどを使用しかなり細かい部分の外科手術をしていく業務のことです。

顕微鏡を覗き見ながら行う手術方法は、眼科以外にも神経外科や血管外科といった同じく細部を治療する診療科でも行われますが、眼科における責任はさらに重大なものと言えます。

眼科専門医はそうした特殊な機器を使用した専門性の高い治療を行うための認定制度であり、利用する患者さんにとっても眼科専門医の認定を受けている医師がいるかどうかは眼科選びの一つのポイントになります。

大学付属病院など最先端の眼科がある施設では、緑内障や網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑疾患、角膜疾患といった非常に治療が難しい手術を引き受けることとなります。

緊急性が少ないことで人気のある眼科ですが、案外こうした専門外科手術ができる眼科医はそれほど多くありません。