口腔外科専門医   no comments

専門的な知識と技術のある歯科医師のこと

「口腔外科専門医」とは、専門性を持った医師を育成するために公益社団法人日本口腔外科学会が認定している専門医のことです。

取得をするためには歯科医師(医師)免許を取得したのちに初期臨床研修を修了してから6年以上学会が認定する研修施設に所属して口腔外科に関わる仕事をすることが必要です。

口腔外科の仕事をしていく場合において学会が定める学術活動に従事するとともに、一定以上の実績を有しなければならないこととなっています。

さらに専門医の資格を取得しても5年ごとに更新が必要なので、口腔外科専門医として仕事をしていくにおいて常に一定の研修実績を挙げていかなければなりません。

認定試験では書類審査とともに手術実地審査、さらに面接といった複数の試験を経た上でようやく認定となります。
専門医の他に「指導医」という認定もあり、そちらも合わせて取得をすることでより関わることができる仕事の幅が広がります。

なお認定を受けた歯科医師・医師は日本口腔外科学会の公式サイトに名簿が掲載されることとなっているため、一般の人からも最寄りの施設にいる口腔外科専門医をすぐ探すことができます。

歯科と口腔外科の違いとは?

「口腔外科専門医」という名称はあまり世間一般的になじみの深いものではありません。
おそらくほとんどの人は「歯科医師」と「口腔外科医師」の違いを把握していないことでしょう。

「歯科」とは、歯科・矯正歯科・小児歯科・歯科口腔外科という4つの分野からなっており、それぞれ診療する内容が大きく異なります。

「口腔外科」は歯科診療の一部ですが、具体的な治療において外科的手術を扱うというところにポイントがあります。

具体的には先天的・後天的な疾患としての口腔内の病気を扱うということで、わかりやすい例としては親知らずの抜歯などがこれにあたります。

親知らずは多くの人が生えてきた時に強い痛みを伴ったり、周りの歯茎が炎症を起こしたりします。
そうしたときにかなり大規模な外科手術によって抜歯をしていくことになりますので、通常の歯科診療と異なる高度な技術が必要となります。

一般の人が「口腔外科専門医」という名称を耳にするのもこの親知らずの手術をするときが多く、担当医として街の歯科クリニックではなく大学病院などの口腔外科専門医を紹介されるということもあります。

親知らず以外にも、交通事故やスポーツ中の事故により顎や歯を傷めてしまった人に対して、整形外科的な処置をしていくのも口腔外科医としての仕事になります。

口腔外科専門医は歯科医師だけでなく医師資格者も取得できるのはこうした歯以外の医療知識が必要となるためで、口腔内の唾液や粘液といった機能を損なわない術式を行う技能が求められます。