整形外科専門医   no comments

病気や怪我により機能が損なわれた体を治療する専門家

「整形外科専門医」とは、病気もしくは怪我において体の機能を損なってしまった患者さんに対し外科的療法を持って治療にあたる専門医のことです。

認定は公益社団法人日本整形外科学会によって行われており、所定の条件を満たすことにより認定を受けることができます。

具体的には大学医学部や医科大学において解剖学と病理学の基礎医学と、内科学・外科学といった臨床医学を経験し医師免許を取得しているということと、さらに日本整形外科学会に所属し6年以上の研修を受けた人が条件です。

さらに上記の条件に加えて協会が行っている専門医試験に合格をすることで正式に専門医として仕事をしていくことができるものなので、取得に関する道のりはかなり長いものとなります。

整形外科医師として勤務をする中で協会が定める病気や怪我(外傷)の診断・治療を行っているということや、勤務期間中に学会で研究を発表したりといったようなことも認定に必要な条件となっています。

協会の定める6年間の研究期間においては、単に治療を担当するというだけでなく、他の医療スタッフとの連携や患者さんとの信頼関係の構築といった部分も問われます。

最終的に整形外科専門医として必要な技能が備わっているか、筆記試験および面接によって審査を受けることとなります。

現代の整形外科診療において求められること

整形外科で主に扱われるのは、骨・軟骨や筋肉、靭帯、神経といった運動に関わる器官全般です。
治療においてはまずは原因を解明するとともに、どういった方法で治療をするのが患者さんにとって望ましいかということも合わせて考えます。

内臓部分についてはあまり取り扱うことはないのですが、上記の部分の他に脊椎や脊髄、上肢・下肢、骨盤といったものについても詳しい知識が必要です。

整形外科を訪れる人というのは、怪我や病気によって患者さんになった人ばかりでなく、スポーツによる疾患や加齢による疾患の影響といった場合もよくあります。

そのため人によってどのような外科治療が必要かというレベルは相当変化してくるため、それらに対応できるような専門性の高い人材が必要になります。

実際に整形外科専門医として勤務をしている人の中にも細かい専門が分岐しており、「脊椎疾患」「関節疾患」「スポーツ疾患」「手外科」「骨軟部腫瘍」「関節リュウマチ」「外傷」といったように得意分野は様々です。

治療にあたっては薬品投与の他、理学療法、外科手術(内視鏡・関節鏡を使うものや人工関節の取り付けなど)、運動器リハビリテーション(ギプス・コルセットなど)といったことに加え、日常生活指導をしていくことになります。