リハ科専門医とは   no comments

■リハビリテーション科へ通院する人
交通事故や何等かの要因によって怪我をしてしまい、社会復帰するためにリハビリを受けたことがあるという方も中にはいるのではないでしょうか。
また、長期に渡って入院しているという方でも、スムーズに社会復帰を果たすため、体力を落とさないようにするためという観点からリハビリを行うことはあります。

リハビリを行う診療科をリハビリテーション科と呼びます。
リハビリテーションという言葉は、医療や福祉の世界では当然のように使用されている言葉であり、動けないことに対する治療とも言われています。

対象者は、脳卒中後片麻痺(半身麻痺)、頭部外傷後遺症、脊髄損傷、神経筋疾患、末梢神経障害などが挙げられます。
また、このほかにも様々な疾患においてリハビリテーション科は必要となるのですが、まだまだこの国はリハビリテーションに対して後進国ですから、治療のおまけ程度の認識しかしていない人も多く、医師の中にもリハビリテーションを軽視している人がいるのも事実です。

■回復に向けたプログラムを立てるプロ
リハビリテーション科で専門的に医療に携わる医師をリハ科専門医と呼びます。
リハ科専門医は関連するプロフェッショナルで、動けない方を動けるように、もしくは少しでも社会復帰が可能となるようあらゆる手段を用いてサポートします。

回復に必要とされるプログラムを一人一人に提案し、訓練処方箋を作成したのちに療法士へ適切な指示を行います。
薬物治療の処方、様々な検査などもリハ科専門医の業務となります。

■必要なスキルとなり方
リハ科専門医は、通常の医師に求められるスキル以外のスキルも求められます。
診察した患者に神経系や運動器に異常があると判断した場合、それが具体的にはどこの部分なのかを正確に把握するスキルも必要となりますし、障害者や高齢者を寝たきり状態から救出する高度な知識や技術を持っていることも重要となります。

大変な仕事には違いのないリハ科専門医ですが、なるには日本リハビリテーション医学会の認定を受ける必要があります。
リハ科専門医として活躍したいと考えた場合、まずはこの医学会に入会することが大前提なのです。

この仕事に就くには、規定の研修を受けた後に試験を受ける必要があります。
リハビリテーションの正しい知識はもちろん、技術的な面についても精査されることになるでしょう。

通常の医師に必要となる知識やスキルのほか、リハビリテーションに関する専門知識や技術も当然必要となってきます。
これからリハ科専門医になりたい、目指したいという方は、まずリハビリテーションというものについて知識と理解を深め、何故リハビリテーションの専門医になりたいのかということも改めて考えてみましょう。