医師の働き方   no comments

N934_tenjyouwomiagekangaerudr500-thumb-500xauto-1879

さまざまな勤務形態がある

医師としての働き方にも様々なものがあります。
勤務形態だけでも、日勤や夜勤、当直といった働き方がありますし、
雇用形態も正社員、パート、アルバイトなどがあります。

どのような働き方を望むかは人によって異なりますが、
それぞれメリットやデメリットがありますから、
それらをしっかりと理解したうえで働き方を選ぶと
良いのではないでしょうか。

メリット・デメリット

正規雇用の医師として働くことのメリットは、
とにかく収入が安定するということでしょう。

また、正規雇用なので簡単に解雇ということはありませんし、
安定した生活が約束されるというのはメリットではないでしょうか。

一方のデメリットですが、
正規雇用なので、当然病院側の方針は絶対であり、当直や夜勤なども
通常通りこなす必要がある、ということが挙げられます。

また、時にはサービス残業のようなことをさせられることもありますし、
理不尽なことにも耐える必要があるケースも出てきます。

パートやアルバイトとして働く場合、
時間的な融通が利かせやすいというメリットがあります。
週に一日から、一日数時間から、といった働き方も可能ですから、
仕事とプライベートの両方を充実させることができます。

夜勤や当直をする必要がないこともありますし、
休日に関しても要望が通り易いというメリットがあります。
アルバイト医師などは比較的高時給であることが多く、
効率よく稼ぐことができる、というのも魅力的です。

デメリットとしては、正規雇用ではないので
急に解雇されることも考えられるということや、
福利厚生が充実していないことが多いということも挙げられます。

医師としての働き方についてはこちらの方のブログも参考になりますから、
一度目を通してみると良いかもしれません。

参考:http://okutin.cocolog-nifty.com/blog/2011/11/post-3680.html

こちらのコーナーでも取り上げていますが、働く職場によっても働き方が異なってきます。
規模の大きな病院と、街の小規模な診療所では当然働き方が異なってきます。

どちらが良くて、どちらが悪いということはありませんから、
それぞれの長所短所をしっかりと理解したうえで選ぶようにすれば良いでしょう。

働き方を考える

これから医師として人生を歩んでいくのであれば、働き方というのは非常に重要です。
安易に決めてしまっては、すぐに職場を変える必要が出てくるケースもありますから、
簡単に決めるのではなく、色々な要素を深く考慮したうえで決めるようにすれば良いでしょう。

自身のライフスタイルなどに合わせて選ぶのも良いです。
また、自分に合っていると思える働き方、職場を選ぶというのも良いのではないでしょうか。

詳しく知りたい方はこちら
>>在宅診療医
>>アルバイト
▼診療所勤務 診療所勤務について