MR   no comments

Posted at 8:57 pm in 職業別・薬学編

MRの役割

どの会社にも営業担当がいて、その自社の製品などを売り込むことを仕事にしているものです。
これは産業を営む上では欠かせない職業の一つであり、彼らの仕事によってものづくりを追えた跡の販売ルートや提携先との関係作りが行われているのです。
それは医療現場においても決して違いがあるわけではありません。

「Medical Representatives」といって医療関連の会社や病院にはMRと呼ばれる職業があります。
それは医薬情報担当者とも訳されており、いわゆる医療に携わるものでありながらその物資や器具の営業マンとしての立場となっているのです。

重要なのはただ医師が病院で診察だけをしていればよい時代は終わったということです。
単純にMRの役割はその病院にとっても非常に重要度の高いもの隣、なるべくよい医療製品を多くの会社や病院が手にとることが求められる時代となったことがあります。

医療関係の情報担当

医療関係の情報担当というとお金儲けや会社の利益という点に目が行く人材だと思われがちですが、利得計算だけでは勤まらないのがこの医薬品の営業マンの仕事です。
なぜならば、単純に売り買いをするのではなく、その営業を行い、情報を正しく伝えることが求められるからです。

とくに医薬品やその物資はそれが正確でないといけませんし、人の生死にかかわるものも多くありますから知識だけでなく医療的な側面からも売り込めなければなりません。
何より正しい情報を看護師などに伝達して病院におけるその製品の重要度や注意点を認識する必要があるのです。

最近では採用数は減少気味であるため、積極的な採用はどの会社も行ってはいないようです。
そのため狭い門戸でもどうしても入りたいという場合にわずかに空いた席を争うことになるというわけなのです。
実際に営業や情報担当としての役割は大きいものの、元、められ留守居順が高いことからこうした問題が起こることはしかないといえるでしょう。

待遇の優劣

MRの待遇は営業成績で収入・待遇・優劣が変化することがよく知られています。
というのも営業マンである以上、その実績はやはりその数字やこれまでのものが大きくかかわってくるためです。
ただ医療の知識があるだけでは勤まらないものの、コミュニケーション能力があり、そういった高度な部分も必要になることから両立できて待遇をよくできる人は限られています。

もちろん、MRは製薬会社と病院の架け橋となる重要な存在といえます。
その会社にとって医療製品と会社をつなげるのに必要不可欠であり、今求められている人材でもあるのです。
もちろん、会社や実地による仕事のほうが有利に働くということも忘れてはなりません。

Written by GRdoc7uK on 1月 23rd, 2017